モトグッチのサイドカバーのステーを溶接

今日はお得意様の依頼で、アメリカンタイプのモトグッチのフレームに
ル・マンタイプのサイドカバーがつくようにステーを溶接
元はこんなのがついてました
a0174909_23403322.jpg

フレームに直接溶接は強度が心配とのことなので、バッテリーケース部分に
アングル材と平板で作ったステーを溶接
a0174909_2344145.jpg

社外品のサイドカバーはダボは付いてないので作ります、
ネジの頭を削ってグロメットのサイズに合わせてから
爪付きナットと共にエポキシボンドで仮止め→FRPで固定
a0174909_002815.jpg

サイドカバー上部のグロメットをステーをかぶせるように突っ込んでから
ダボを押し込めば、ばっちり固定できました!
a0174909_034234.jpg

しかし、社外品とはいえこのサイドカバーパテ入ってるし、作りが・・・ですな、さすがイタリー。
[PR]

by funnys-cs | 2016-04-03 00:10 | motoguzzi | Comments(0)