VTR250RRカスタムプロジェクト

今回のお仕事は、HONDAが誇る名機 (いつまで使う気だろうこのエンジン) 
で有名なVTR250です!

カスタムの方向としてはざっくり言っちゃうと『VTR250にCBR600RRの外装を装着したい!』
VTR250はご存知のとおりネイキッドです。それにフルカウルとシングルシートを組むわけですからいろいろ一筋縄ではいきません。
まずはノーマルの外装を外してシンキングターイム!
テールカウルからやっつけて行きましょう!
a0174909_13313139.jpg

うーん、色々切った張ったが必要ですねー。

まずはシートレールの余分なところを此処でカットしましょう
a0174909_13341581.jpg

切っちゃった!
a0174909_13344135.jpg

これでもう後戻りはできません!
テールカウルは着座位置をきちんと設定してあげないと膝がきつくて切り返しに負担がかかったり、腕に力入りすぎてロングライド出来なかったりします、幸いオーナーさんは私と身長がほぼ一緒なので自分が乗って気持ちいいいポジションに設定します。
位置が決まったらシートレールに加工です、いろいろ考えながら形状を決めます
a0174909_13411629.jpg

テールカウルもCBR1000RRのレース用を使用するのでさすがにペラペラのままではストリートユースには役不足です、大改造します。
サイドカバーはノーマルを使いたいのでテールカウルをカットしてサイドカバーにつながる部分を造形します。
a0174909_1343586.jpg

こんな風になりました
a0174909_13441950.jpg

お客様がタンデムもいざとなったら出来るようにしたいとおっしゃいますので、内側はロービングクロスとコアマットで超補強!
a0174909_13473737.jpg

これでよっぽどの巨漢でなければ大丈夫!

ヘルメットホルダーも純正を加工して使えるようにします、シートロックも同時装着!
a0174909_1350241.jpg

あとはバッテリーケースを移動ですね、小物入れの部分に移します、取り外せるようなものを製作中です。
リア周りだけでもこの後テールランプの装着のためのステー兼、カットしてしまった泥除けとカウルの間を埋めるパーツを作らなくてはいけません。やることいっぱいです!

まだまだ作業は続きます!

進んだらまたアップします。


日々のネタはfacebookでも配信しています
覗いてみてください!
[PR]

by funnys-cs | 2017-01-19 14:00 | 仮面ライダー | Comments(0)