仮面ライダーの巣窟に行って来ました

今日はお客様に「1月15日で閉鎖になりますよ!」って教えてもらったので
急遽、幕張のイオンモールにある 東映ヒーローワールドに行って来ました。
アクセル作ったおかげで仮面ライダーの奥深さを知って これは行っとかないと!と言う事でおとなが一人でお子様連れに混じって見てきました。

入ってすぐに懐かしのライダーたちが集合してるじゃありませんか!!!!!
a0174909_2262537.jpg

一番好きだったのはV3
a0174909_22492942.jpg

こんなに近くで見れて感激です、ふーんこんなになってたんだ!

仮面ライダー1号と2号のマスクの違いは後頭部の首の所のラインだったんですね
1号のマスクは前後に割って被るタイプ、2号のは被るところが若干広めなので前後に割ってない!
a0174909_22175419.jpg

そんな細かい所に嬉々として撮りまくるおじさんってはたから見てどうなんでしょう?
俺より歳行ってそうなのは一人もいません・・・

そんなことは気にせず撮りまくります
アクセルさんたち発見!
a0174909_22122916.jpg

かっこいいです!
んで、やっぱり気になるアクセルの造形
a0174909_22513767.jpg

あれ?俺の作ったやつの方が造形キレイじゃね?
などと思ってよく見てみると、フィギュアや画像では判らなかったとこがありました
a0174909_2215276.jpg

マスクのAの部分が下の羽釜みたいな部分とくっついていたんですね、そこは別体だと思っていました。
他にもいっぱいライダーいたんですが、さすがにお腹いっぱいで、全員をきっちり見て回る体力はありませんでした。

いやー、最近のライダーたちの造形は凄い!カッコよくてちょっと大人のおともだちの気持ちがわかりました、これはハマるわ!

それで今回一番カッコイイなと思ったのは
a0174909_2226131.jpg

仮面ライダー響鬼の装甲響鬼バージョン
いやもうこれ、最近のバイクのカウルみたいですよ、響鬼ビデオ借りてきて見ようかな。



日々のネタはfacebookでも配信しています
覗いてみてください!
[PR]

by funnys-cs | 2016-12-27 22:52 | 仮面ライダー | Comments(0)

FJRのスリムパニアケース カラーオーダー

今日のブログのネタは当社製品の【FJRスリムパニアケース】についてです

今回のお客様はスーパーテネレの純正色に全塗装されているそうで、そのカラーに塗ることに。

まずは送っていただいたケースを分解
a0174909_2157463.jpg

使用するのは内蓋の金具のついている部分のみ、外蓋と内蓋は超強力な弾性接着剤でくっついているので外れません、切り取っちゃいます。
a0174909_2159732.jpg

切り取った枠をFRP製のスリムな当社製の外蓋にフィットさせます
a0174909_2204072.jpg

ここはかなりシビアに面合わせをしていきます、後で接着してからでは修正できないので慎重にね。

接着の前段階まで加工が終わったので塗装に入ります、まずサーフェイサーを塗って
a0174909_225477.jpg

元の蓋の色に合わせて塗装
a0174909_2263023.jpg

ピカピカに磨き上げます。
内側は黒くペイントしてあります、

接着部の塗装を剥いでから
a0174909_2284753.jpg

内蓋を超強力エポキシボンドで接着、一本¥3600…ってくそ高けー。だけど無敵の接着力!
a0174909_2292566.jpg

こんな感じになります
a0174909_22131340.jpg

出来上がりです
a0174909_22134169.jpg

カラーオーダー受け付けてます、今回ので¥24000アップです。
転倒などで外蓋が割れたり変形してしまったオーナーさん、
純正新品片側の価格以下で左右綺麗に出来ますよ、すり抜けもしやすくなります、如何でしょうか?

日々のネタはfacebookでも配信しています
覗いてみてください!
[PR]

by funnys-cs | 2016-12-25 22:24 | frpのお仕事 | Comments(0)

ヤマハ トリシティ カスタムプロジェクトの続き その3

昨日はお台場にて行われた【稲妻フェスティバル】にトリシティを見せびらかしに行ってきました。

12月4日の横浜ホットロッドカスタムショウに出展してから2週間、そのあいだに間に合わなかったリアキャリアと、バッテリー取り出し口のルーバー付きの蓋を作ったり、実は塗ってなかった見えない所のステーたちをペイントしたりであっという間に時間は過ぎていきます。

出来上がったリアキャリアちゃん
a0174909_21455736.jpg

カウルのお尻に合わせて丸く作ってみました。

そして3個ルーバーを入れたバッテリー取り出し口の所のFRP製の蓋
a0174909_21474133.jpg

まだゲルコートのままですが、これも原型作ってメス型作って・・ちゃんと手間かけてます。

そうそう!このトリシティ、名前はROAD TRIPPERって言います。
GAO西川さんのROAD TRIP’63にちなんだネーミング。旅の友って感じですねー。
そのロードトリッパーちゃんのボディを支えるステー君たち
a0174909_21551395.jpg

このほかに4個のネジが直接フレームの純正のネジ穴に突っ込まれてボディを支えています。

このステーたちとルーバーを黒くペイントしてから取り付けました。

それからボディ全体の磨き上げ!最近は水研ぎしなくて空研ぎでいける研磨フィルムの進化がすごくて2000番手位平気でイケちゃいます、私は空研ぎは1300番までで後は水研ぎで3000番まで仕上げてポリッシャーってのがいつものルーティンですのでそれでやっつけていきますが、何せでかい!えらく時間がかかります。6時間以上かかった。
そしてムーンディスクの取り付け
まずはホイールを外してタイヤのエアーを抜き、リムにムーンディスク取り付けの穴をあけます。
a0174909_21591087.jpg


リムを貫通してタイヤのビードをぶった切らないように慎重に作業します。

そして5ミリのタップで螺子穴作り
a0174909_2203752.jpg

ムーンディスクが付きました
a0174909_221223.jpg

ネジ止めってどうなのよ?って感じしますけど、ヤンキーは合理的(ストレート)ですね、

そして配線の作業にかかります。GAO西川さんが用意してくれた灯火類、ウインカーはハーレーの物なので大丈夫なんですが、その他2名のヤンキーたち、フォグランプ君とテールランプちゃんはアース線と言うものが存在していません。ボディアース前提ですか・・・
トリシティはさすがに現代のスクーターなのでちゃんとアース線も繋げてあげるために、ランプのボディにアース線を増設、電源線もボディに合わせて延長して準備します。
a0174909_2285435.jpg

この配線作業で予定外に時間を食ってしまい結局徹夜に、
ウインカーの配線、リアだけとかフロントだけとか、仮に接続して点灯確認した時にはオッケ―だったんですが全部組み付けると点灯しません、「あれ?断線しちまったのか?」などと配線確認するもフロントが点灯しません、結局トリシティの純正のウインカーの電圧がハーレーのウインカー4つ分点灯させるのには足りなかったようで、LEDのウインカーをフロントに入れる事によって解決しました!それに気づくのに2時間かかっしまいました、もう徹夜明けに近い時間でしたからねー、ボケボケですよ・・・

全部の作業が終わったのが搬入日の朝8時、前回の横浜の教訓が全く生きてません、ちゃんと寝ないとダメです。そこから1時間くらい仮眠とってレンタカー借りてきて和光2りん館にタイヤ交換に行きました、前後のタイヤをオフロードタイプに入れ替え!そしてミラーもオフロードタイプの物を購入、これですべてがそろいました!しかーし写真撮るのも忘れて交換作業をお願いしてる間、爆睡wカノウサンゴメンナサイ!

これですべてそろったぞー!いざお台場へ!
現場でGAO西川さんと合流後ダイナオガレージファクトリーの大石さんたちと一緒に近くの紅虎餃子房で夕食、明日に備えて肉を喰います。

そして迎えた本番当日、深夜から並んでたつわものたちの行列が朝早くから・・・・
a0174909_22342491.jpg

オフタイヤにムーンディスクも意外とイケますね。
a0174909_233382.jpg

あっ フロントフェンダーはオフタイヤなのでアップタイプの方がいいよねって事で作りなおす事にしたので外しちゃいました。結局まだ完成して無いし・・・

この日は来場者数も多くロードトリッパーちゃん大好評でした!
a0174909_2243697.jpg

購入希望の方もいらっしゃって、市販体制を検討しなければですね、全部一人で造るのはつらい・・
a0174909_22434663.jpg

しかし今回のプロジェクト、イロイロ得る物も大きかったです、大変でしたけども(主に肉体的に)すごく楽しく遊べました。GAOさん有難う!そのほかご協力ご助言いただけた方(Nさん、もう一人のNさん)有難うございました!
 ショウの途中でどうしても行っておきたかったここへ
a0174909_2249079.jpg

思ってたのの倍くらいデカかった!



日々のネタはfacebookでも配信しています
覗いてみてください!
[PR]

by funnys-cs | 2016-12-19 23:05 | frpのお仕事 | Comments(0)

ヤマハ トリシティ カスタムプロジェクトの続き その2

突然ブログの背景が提供終了になってて、違うのに急遽変更です。

前回のブログでリアのカウルが出来上がっているところまでご紹介しましたが、残り一週間くらいしかないのにフロントのカウルはいまだ形状が確定せず
間に合うのか俺?迫るタイムリミットに極限状態に追い込まれたそのとき!一本の線が見えたんです!
「これだ!」それからは導かれるままにw 削りに削ります!
そのまま一気に原型完成!メス型、製品も出来上がり、フロントカウルにつけるキャリアとカウルステーも作り終えたところで気づきました「あ、一枚も画像撮ってないや・・・」

ごめんなさい!もうね、このころは一日2時間とかしか寝てなかったんです、余裕なんて皆無ですよ。
そしていきなりサーフェイサー吹き終わりの図
a0174909_1485834.jpg

実はこれ、搬入当日の午前5時の状態
この後サーフェイサーを水研ぎしてからGAO西川さんのご要望に沿ってコールマンのヴィンテージのランタンのカラーにペイント
a0174909_1581624.jpg

これね  濁ったオレンジっぽい赤と黒のツートンです。
色を入れて、クリア塗ってヒーターで硬化させてが終わったのがpm1:30
ダッシュで車に積み込みカミさんに運転してもらい、おいらは後ろでパーツの組み付け!

イヤーほんとに死にそうでした。でも何とか搬入時間ぎりぎりにパシフィコ横浜に到着!
揺れる車内ではあまり作業が進まなかったので強制退去時間ぎりぎりまでかかって組み付けます
a0174909_26523.jpg

無事組み付け終わってバカ面な俺、もうハイになっちゃてます。
a0174909_294746.jpg

後姿はとてもかわいい♡
a0174909_2103248.jpg

この日は帰りに見つけた豚骨ラーメン屋で食事して帰宅、翌日は午後出動にさせてもらいまして泥のように眠り、お昼過ぎにショウの会場に到着、
JK DESIGN+PRODUCTSの神保君が作ってくれたデカールを本人が施工してくれてました、
そしてGAO西川さんと記念撮影
a0174909_2181419.jpg

いろいろ大変でしたがとっても面白いものができたと思います、皆さんからも高評価いただけて、とてもうれしいです!
でも実はまだ完全に完成したわけではないんです、リアのキャリアが間に合いませんでした、はい。
しかーし!12月18日の稲妻フェスティバルには完璧な姿で登場します!皆さん見に来てくださーい!



日々のネタはfacebookでも配信しています
覗いてみてください!
[PR]

by funnys-cs | 2016-12-07 02:23 | イベント | Comments(0)

ヤマハ トリシティ カスタムプロジェクトの続き、その1

前回ブログでお伝えしました【トリシティ カスタムプロジェクト】
もう一か月過ぎてしまいまして、横浜ホットロッドカスタムショウも昨日無事終了!って制作過程いろいろあって全然アップできませんでした、ごめんなさい!!!
11月の間、もうね、これしかやってなかったです。
それはもう時間との闘いで…って自分がもっと早くからやり始めればよかったんですがね。

それでは遅ればせながら、トリシティカスタム 制作の記録です。

まずはどんなものを作るのか、オンザロードマガジンのGAO西川さんが集めてくれた資料や、お互い描いてみたイメージイラストなんかでアーダコーダ
a0174909_22452539.jpg

なんとなく方向性が決まったところで西川さんアメリカへ取材ツアーに、現地でいい感じのヘッドライトとテールランプなどをゲットして来てくれました。
ホイールにはムーンディスクを着けることにしました!
ライトを車体に充ててみます
a0174909_22461044.jpg

この車体はABS装着モデルなのでフロント上部にABSユニットがあるためにデザインにかなりの制約が出ますねー、ほんとはなるべく小ぶりな頭にしたかったのですが、当初考えていたデザインからはちょっと離れてしまいそう、
ここから発泡スチロールを車体にくっ付けてからのこぎりやカッターナイフ、やすり、ワイヤーブラシなどを駆使しておおざっぱに形にします。
a0174909_2249734.jpg

シートの座面は純正のシートに準じた高さにしています、足つき性を確保するためにシート前部の切り落とし角度を何度もやり直して自然な感じで足を下せるように出来ました、またステップフロアの角度はかなりこだわってます、足首の角度が踏ん張りがきいて疲れない角度を探し出しました。
車体に取り付ける部分などの位置決めをしっかり行ったのち、車体から外して原型仕上げに掛かります。
a0174909_22495139.jpg

粗方出来たところで発泡スチロールを溶かさない樹脂で表面を固めてからパテで整形していきます。
a0174909_22502529.jpg

これがとても大変で、このリア回りの成型に使ったパテが4キロ缶3個!
エアーツールとか使っても最後の面出しは手作業です、この面積やり終えたころには指紋無くなって血が出てきました。ここで手を抜くわけにはいきませんし、時間は迫ってるわで、必死で研磨!研磨!研磨!
a0174909_22512018.jpg

何とか納得いったところでNCサーフェイサーを吹きます。
a0174909_22522026.jpg

これだけ見ると何の部品なのかわかりませんね。

シートを取り付ける上蓋の部分の型を取ってから切り取り、メインボディに防水の縁ゴムをつける部分を造形、
a0174909_2254797.jpg

やっとメス型を作成できました。
a0174909_22562652.jpg

シートのスポンジのサンプルを作っていつものマルナオさんにシートの製作をお願いします
a0174909_0133378.jpg

ここらへんから切羽詰まってきまして、もう写真撮ってる余裕がなくなってきました
いきなり製品出来てる画ですみません、ウインカーをフレンチングさせるためにプラスチックのコップを使います、リアのグリルも開けて縁をつけます
a0174909_0141275.jpg

ウインカーとテールランプをつけてみました、可愛いじゃないですか!
ウインカーは古いハーレー純正のものを使用しました。
a0174909_0162437.jpg

グリルはメッシュを貼る予定

ステー類も同時進行で作っていきます。
シートの乗っかっている上蓋は、純正のメインキーを使ったシートオープナーで開けたかったのでノーマルを参考にフックを作製
a0174909_0144788.jpg

上蓋を開けると純正の収納スペースがそのまま使えます。防水も縁ゴムでばっちり!
a0174909_034917.jpg

今日はここまでにしておきます、続きは明日にでもあげたいと思います、お楽しみに!

日々のネタはfacebookでも配信しています、ここの所お休み気味でしたが
覗いてみてください!
[PR]

by funnys-cs | 2016-12-06 00:44 | イベント | Comments(0)